大麻(ヘンプ)オイルは色々な種類がある

健康に気を使っている人、美容に気を使っている人にはぜひ使ってほしいオイルがあります。
オイルには食用とスキンケア用がありますので、体の内側と外側両方からケアをすることができるでしょう。
そのオイルというのが、「大麻(ヘンプ)オイル」です。
今名前を見てびっくりした人もいるのではないでしょうか?
その商品は大丈夫なの?危険性があるのではないか、と思った人もいるかもしれません。
大麻(ヘンプ)オイルに危険性はないので安心してください。
間違った知識を持っている人が、今不安になった人だと思います。
「コズミックダンス2012」というサイトで、ためしに大麻のことを確認してみてください。
大麻は危険なものではなく、私たちにたくさんのメリットを与えてくれる存在なのです。
大麻(ヘンプ)オイルに含まれている成分には、必須脂肪酸が含まれています。
必須脂肪酸という言葉は、健康を気にする人は聴いたことがあるのではないでしょうか?
現代人が不足しがちな栄養素を、バランスよく含んでいるヘンプオイルは、健康を目指す人にとってとても大切なオイルだと思います。
必須脂肪酸というものは体内で作られることはないので、自分で意識して摂取する必要がありますが、残念ながらきちんと摂取できていない人のほうが多いようです。
ですがヘンプオイルを利用すれば効率よく必須脂肪酸を摂取できますし、ガンマ・リノレン酸も含んでいるとても魅力的な食品ですので、毎日の食事にうまく取り入れてみてはどうでしょうか?
いつまでも若々しく、健康でいたいのなら摂取してみるべき食品でしょう。
味は大丈夫なの?美味しいの?と不安になる人もいるかもしれません。
よいイメージを持っていない人が多いのですから、当然かもしれませんが、味はとても美味しくてどんな料理にも合うといわれています。
なので毎日の食事に取り入れやすいはずです。
そこまで高い商品ではないので、一度試してみてはどうでしょうか?
今紹介したのは食品のオイルでしたが、スキンケアで使うヘンプオイルも販売されています。
こちらも美肌には欠かせないアイテムでしょう。
つけてみると実感しますが、すっと浸透して肌が瞬時に潤うのです。
オイル自体がとても刺激の少ない優しいオイルなので、どんな肌質の方が使っても大丈夫でしょう。
気になる人は、ヘンプオイルを実際に使った人の口コミを確認してみてはどうでしょうか?
探してみると、結構口コミも確認できます。
読んでみるとかなり気に入っている人が多く、使っているのは女性が多いようです。
肌が以前より明るくなった、ハリが出てきたという人も多く、肌トラブルで悩むデリケートな女性におススメしたいオイルです。
スキンケア用でも、全身に使っている人もいるようなので、乾燥が気になる人は全身をケアしてあげてもよいかもしれません。
大麻(ヘンプ)商品を紹介しているサイトもありますし、自分で安心して使えそうなものを選んでみてください。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

大麻産業を推進する理由とは

産業用の大麻(ヘンプ)は、茎の皮からは細くて丈夫な繊維がとれます。
取締法が施行される以前、群馬県では大麻草の栽培が盛んに行われており、そして現在でも栽培がなされています。
夏になると背丈が3mにも及ぶそうです。
成長した大麻を刈り取って茎だけにすると、直ぐに殺菌のためお湯の中につけるのです。
一端乾燥させ、そして、皮を剥ぐと余分な組織をそぎ落とし、丈夫な繊維だけを取り出しています。
この作業をしているのは、全て高齢者なのです。
テレビ番組で見たに過ぎず一部始終を見たわけではありません。
その範囲において、全ての作業が重労働には見えないのです。
大麻は軽量で刈り取り作業が楽で、番組内では地面からにょっきりと生えた茎をいともたやすく収穫していました。
茎は軽いため、皮を剥ぐ作業も容易な筈です。
また、肥えた土地を必要とせず、病気や害虫に強く、化学肥料は必要としないため、栽培も容易だった事でしょう。
栽培から繊維を取り出すまで、非常に簡単な植物という印象です。
一方オーストラリアでは、一面の大麻畑の中で育てられています。
これもテレビ番組で紹介されたものです。
先の群馬では皮を剥いだ後に残る部分(オガラ)は、子供のおもちゃになっていましたが、オーストラリアは細かく砕いて建材に使われています。
番組では屋根の断熱材に使用される映像を放送していましたが、家全体が大麻によって建てる事が可能と伝えれていました。
日本では、通常葉は捨てられています。
ですが、オーストラリアではワインやビールに使われているそうです。
実の栄養価は他の植物には見られない程、極めて高く、また健康効果が期待できます。
実をそのまま食べれば、中国の巴馬(バーマ)の人々のように、長寿になることでしょう。
ネットでは大麻を推している団体を多く見かけますが、こうした採取の容易さと有用性の高さから推進しているのかもしれません。
採取が容易さは、技術を要せず容易に雇用を拡大できることを意味します。
群馬の大麻栽培では、一次産業を大きく前進させる可能性を示唆しています。
そして、オーストラリアのように建材や食物にも使われることから二次産業、そして、それを販売する三次産業にも波及する可能性は間違いないでしょう。
雇用の拡大は、様々な産業に影響があるのです。
しかも、その基本となる大麻が、土地から湧いて出ます。
化石燃料のように採掘して得られるものではなく、地面で栽培されるのですから、無尽蔵に採取でき枯渇することはありません。
化学肥料を必要としないため、主な維持コストは人件費と水くらいなものです。
しかし、一方で大麻が十分流通することで、そのデメリットを受ける人たちがいる事も忘れてはなりません。
例えば、麻繊維の台頭共に化学製品の相対的な価値は低くなることでしょう。
ですが、大麻産業は他の産業を活性化させるため、その受け皿になる見込みがあります。
大麻の生産強化は、決して一部の産業・人だけに得のある物ではなく、社会全体に恩恵があるのです。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

古代から使われてきた日本の国草とも言える由緒ある麻製品

大麻は日本では古来からオオアサと発音されます。
英語ではhempヘンプです。
日本語ではもうひとつタイマとも言います。
英語のヘンプやタイマは麻薬のイメージが強くなります。
漢字の大麻はオオアサよりはタイマと覚えている人がほとんどではないでしょうか。
オオアサもタイマも植物としては同じものを指します。
しかし、大麻取締法で規制される大麻は植物としての大麻の花穂と葉です。
警察に逮捕されている人々は、この花穂と葉を利用し、マリファナやハッシッシなどのドラッグとして使用することが目的なので罪に問われることになるのです。
成熟した茎と種子は大麻取締法の規制外で取り扱っても罪にはなりません。
ここはしっかりと区別して把握しておかなければならないポイントです。
日本では伊勢神宮の神礼を神宮大麻と言い、昔は大麻草が用いられていました。
天照大神の御印となっていて、古来から神聖なものとして扱われて来ました。
日本の国草とも言える由緒ある植物なのです。
今でも目にする神道における大麻は、その繊維を房状に加工して使用し、神主や神官が穢れを祓うために頭上で振るオオヌサ(大麻)やゴヘイ(御幣)として用いられているのです。
この大麻は第二次世界大戦に敗れ1948年にGHQによって大麻取締法が施行され、法律上規制されるまでは、そのエキスを抽出して、様々な薬として使用されていました。
薬としての効果は認められているのです。
しかし、大麻取締法は例外を認めていません。
例え医療目的であっても大麻の花穂と葉を使用してはならないことが厳格に決まっています。
こういう状況は正常とは言えないでしょう。
できるだけ速やかに大麻取締法を改正すべきです。
日本ではこういうことには鈍感な政治家が多いのかもしれません。
法律を改正することで症状が和らぐ様々な病気の人がいることは事実なのです。
このオオアサは日本では昔から様々な製品として利用されて来ました。
やわらかな肌触りで放熱性が高く汗を蒸発させる効果が高く、衣類としては古来から使用されています。
また、抗菌性や消臭性にも優れていると言われています。
古代の縄文時代の縄が福井県鳥浜貝塚遺跡から出土していますし、弥生時代の登呂遺跡からは麻布が出土しています。
日本では古代から利用されてきた最もポピュラーな繊維なのです。
歴史の古い物としては、下駄の鼻緒や畳みの縦糸、蚊帳などがあります。
最近は衣料品や混紡地として盛んに利用されるようになりました。
クール素材として優れていることから、夏物衣料として多くが加工され肌に触れるシーツや座布団カバーなどは重宝されます。
面白いのでは男女用のふんどしに人気があります。
通気性と肌触りの良さがふんどしとして最適なのです。
このオオアサを商品として取り入れることは、縄文時代から延々と続いて来た日本の伝統文化を守ることにも繋がります。
日本の国草とも言える由緒あるものなので日本人としての誇りも持てるでしょう。
大いに大麻を使って行きましょう。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

神代の昔から使われてきた大麻

神代の昔から使われてきた大麻
大麻というと、
「違法薬物ではないか?」とビックリされる方が多いと思います。
大麻(ヘンプ)は2000年以上も前から日本に多く自生している植物で、
古事記の天岩戸のくだりでも麻が登場しています。
そのように日本に古来から自生し一般的に利用されている大麻が、
どうして違法なものだと言われるようになったのでしょうか。
それは、日本が戦争に負けポツダム宣言を受諾したことによるようです。
戦時中、日本は大麻の栽培を奨励していました。
それが、まったく逆の措置が取られるようになったのは、
アメリカでは早くに大麻取締法が成立していたので、
日本もそれに倣ったカッコウになってしまったのです。
ところが、この大麻取締法は巧みに操作された法律で、
習慣性もなく危険性もない大麻を取り締まることは無意味です。
そればかりか、医療に使われていた大麻が使えなくなってしまったのです。
医療に携わっていた人たちは抵抗しましたが、
それもあえなく黙殺されてしまったという経緯があります。
大麻の麻の字と麻の痲の字は本来は違うものなのです。
麻は植物であり、痲はしびれるという意味の字です。
それを混同してしまっているのです。
今でも大麻は日本で栽培されています。
天皇陛下は即位式の時に大麻のあらたえを着用されます。
大麻は古事記の天岩戸のくだりにも登場しているように、
天皇家と大麻とはとても深い関係があります。
天皇陛下が即位する時の大嘗祭には、
四国の徳島で大麻を育て、
その大麻で即位式に着用されるあらたえを奉納するのです。
その四国の徳島で、
天皇陛下に献上する大麻のあらたえを献上しているのが三木家です。
歴代の天皇陛下が即位式で着用されたあらたえは、
すべてこの徳島の三木家が作られたものです。
徳島県にある一宮神社は、
大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)と呼ばれています。
近隣では大麻さん、大麻さまと呼ばれています。
これは、神武天皇の時代に、
麻の種を植えたことが由来となっていると言われています。
このように日本の大麻の歴史は古く、
日本は麻の国であるということができるのではないでしょうか。
しかも、日本では大麻は五穀の一つでした。
天照大御神を祭る伊勢神宮には、
災厄をはらうとされる神宮大麻(じんぐうたいま)と呼ばれる神宮神札があります。
伊勢神宮では、
大麻は穢れを払うものとして使用されてきました。
昔は、神宮大麻という名で大麻草が使用されていたといいます。
大麻にはほとんど有効成分は含まれていないといいますが、
人体に触れることでホルモンの分泌され、
免疫力、殺菌力、精神力などが高まると言われています。
科学的に根拠のない取り締まりで大麻の研究は途絶えてしまいましたが、
どれほど有効な力があるのか計りしれないくらいです。
アメリカのオバマ大統領も大麻合法化を容認する構えのようです。
取り締まりを強化する一方の日本でももっと大麻のことを、
見直してもよい時期に来ているのではないかと思います。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

オガラは日本経済を救う

大麻(ヘンプ)の可能性は、無限大ですね。
ヘンプの茎から衣類やロープといった10μmの細い繊維を取り出すと、オガラが残ります。
オガラとは幹の芯の所で、細い棒状のものです。
群馬県のヘンプ農家では、これの子供のおもちゃとして使っている(YouTubeの動画で確認)ようなのですが、もっと良い活用方法があるのです。
まず一般的に知られているのは、オガラをバラバラに分解してチップ状にしたものを建物の建材として使用する方法です。
壁に塗る漆喰の中に入れたり、コンクリートに混ぜられたり、オーストラリアでは粘度のようなものに混ぜて屋根に塗っていました。
一見屋根には向かないように思えますが、オガラには非常に小さな穴が無数あいているおり、そのため、何かに入れるとそのものの比重が軽くなるのです。
そして、内部に空気層ができ、これが熱を伝え難くしているため、断熱効果もあります。
ですが、それだけではありません。
海外では、それをダイレクトに燃やしているのです。
小さな穴が無数に空いているということは、それだけ燃えやすいため、焚き付けに使われているのです。
しかし、いきなり燃やさず、炭にする方法もあります。
炭にしたものは棒状なのですが、それがパウダー状になっているのです。
穴が無数に開いているため簡単に粒子状になるのかもしれません。
その炭のパウダーをシャンプーに合わせて使えば、頭皮へのミネラル補給、頭皮の乾燥予防、消臭効果等が、期待できます。
また、パウダーは細かい粒子なのでしょうか、爆発力が強く、花火の材料に使われているのです。
線香花火に使用されており、あのパチパチとして以前使用されていたのです。
単なるヘンプの炭ではなく、非常に利用価値があり用途の広い素材ということでしょう。
ちなみに、日本では「麻炭」として販売され、インターネット通販で入手可能です。
それ以外には、オガラからディーゼルエンジンに燃料として利用できるバイオマスエタノールが取り出せます。
オガラに含まれる多糖類であるエタノールを発酵させ、それをろ過することで得られるのです。
オガラでなくても、他の穀物でも出来るのですが、安いトウモロコシを利用したところ、トウモロコシ価格が上昇した経緯があることを忘れてはなりません。
しかし、ヘンプであるなら、燃やして捨てるほどのものなので、その心配はないのです。
その分オガラには、メリットがあります。
通常、このバイオエタノールはそのまま使用せず、軽油に20%程混ぜて利用しています。
その20%分海外からの輸入に頼らなくて済み、捨てるほどのオガラから作られるためコストが低く、日本経済に貢献することでしょう。
これ以外でも海外では茎の発酵し安い性質を活かして、メタンガスを取り出す研究がなされています。
これ程の価値のあるオガラでありながら、群馬の例で分かるとおり、日本では有効活用されていません。
オガラの量が限られているためかもしれません。
流通量を増やして、是非活用する方向に持っていって欲しいですね。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

ベストイー

ひとつ持病があると、定期的に病院へいって薬を処方してもらわなくてはいけなくなりますが、その時に意外と困るのが医者や病院との相性です。
医師も人間ですから、どの患者にも公平に同じように接する事ができるとは限りませんし、病院自体に問題がある事も多いでしょう。
これからずっと長い間通わなければならないのに、医師や病院が合わなくて病院へ行くのがさらに億劫になるという事もあるかもしれません。
他にも、相性によらず病院が通いにくいところにあるとか、欲しい薬を扱っていない場合もあります。
とくに治療にお金がかかる場合は、少しでも安いジェネリックに変えて欲しいと思うものですが、ジェネリックは病院によって扱っているところと扱っていないところがあり、そのためにやや高い薬を使い続ける事になることもあるのです。
病院に通うには交通費もかかりますから、その十数円の差のために病院を替えるわけにもいきません。
ですが、個人輸入を利用すれば、医師との相性や交通費の事など考えずに、一番安いジェネリック薬を利用することができます。

手軽に個人輸入をする方法としては、ベストイーなどの個人輸入代行を利用する方法があります。
ジェネリック医薬品は世界中で販売されており、いくら英語が堪能でも様々な国の多種多様なジェネリック薬の中から、自分に必要な薬を探し出し、値段を比較しながら詐欺に気をつけて輸入するなんて不可能です。

ですが、ベストイーなどの海外の医薬品メーカーに詳しい業者に個人輸入の手続きを代行してもらえば、騙されるリスクを抑えつつ通販のように海外の医薬品を購入する事ができます。
ネット上で流通する医薬品のほとんどが偽物だと言われていますから、個人輸入を行う時は信用できる代行業者を介することが大切です。
ベストイーなどの代行サービスなら診断書や処方箋は必要なく、どこかへ出かけなくても商品が家まで届きます。
ですから、嫌いな医者に会わなくて済みますし、病院で不快な思いをすることもありません。

さらに送料は無料で、様々なジェネリック医薬品を扱っていますので、比較して一番コストパフォーマンスの良い商品を選んでまとめ買いしましょう。
まとめて購入すると割引され、先発薬よりも安いジェネリック薬がさらにお得に購入できます。
例えば消費期限が2年程度の薬なら、多いものでは1年分くらいはまとめて買えて、病院で先発薬を処方してもらうのと比べると1/10ほどの値段で買えてしまうこともあるのです。
これなら病院へ行く負担がかなり減らせるのではないでしょうか。

病気になった時に大切なのは、正しい治療を行うことと、無理をせずにゆっくり療養する事です。
病院へ行く事自体がストレスの原因になってしまっては、治るものもなかなか治らないことだってあります。
今は個人輸入も手軽に利用できるようになりましたから、ベストイーのようなサービスがあるという事を心に留めておいて、いつか必要になった時は病院以外の選択肢があるという事を思い出してみて下さい。

外部リンク

1・ベストイー
こちらのサイトから一部参考にさせていただきました。ベストイーに関してかなり詳しいサイトです。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。